お知らせ NEWS

阿部雄太医師が、日本内視鏡外科学会において、最も優れた内視鏡外科手術に授与される「カールストルツ賞」を受賞しました.

2015年2月20日

去る2014年10月2日より3日間開催された第27回日本内視鏡外科学会総会において、 内視鏡手術発展のために最も優れた手術手技を示した外科医を表彰する学会ベストビデオアワードである 「カールストルツ賞」に、阿部雄太医師が発表した「拡大視効果と手術ナビゲーションを用いた右肝病変 に対する腹腔鏡下肝亜区域切除術」が選ばれました。

近年、肝胆膵領域における内視鏡外科手術の発展は著しく、多くの外科医が手術技術の向上、安全性と 確実性の向上に精力を注いでいる中、今回の受賞は非常に意義深いものと受けとめております。

詳細は以下の新聞記事抜粋をご覧ください。


●新聞記事抜粋『阿部雄太医師 日本内視鏡外科学会ベストビデオアワード(Karl Storz賞)受賞』

●日本内視鏡外科学会ホームページ~歴代受賞者一覧



ページトップへ