お知らせ NEWS

第14回東日本肝移植周術期研究会 発表報告

2015/3/7
コンファレンススクエアエムプラス

去る3月7日(土)東京/丸の内にて、第14回東日本肝移植周術期研究会が開催されました。 肝胆膵・移植班からは、篠田昌宏医師が座長を務め、三島江平医師が発表いたしました。

○座長
セッション2「困難な管理」
座長:東京医科大学八王子医療センター 河地 茂行、慶應義塾大学 篠田 昌宏

○口演
三島 江平
『門脈肺高血圧症および肝細胞癌を合併した原発性胆汁性肝硬変に対する生体肝移植の1例』



ページトップへ