お知らせ NEWS

第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会 発表報告

2015/6/11-13
ホテル グランパシフィック LE DAIBA

去る6月11日(木)~13日(土)お台場にて、第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会(JHBPS2015)が開催されました。当班からは、20演題を発表し2司会を務めました。


○シンポジウム

Front line in open and endoscopic liver surgery

・板野 理 『肝臓および領域横断的内視鏡手術エキスパート養成プログラム』

○ビデオシンポジウム3

肝胆膵手術における画像支援がもたらす近未来1

・阿部 雄太 『肝臓の変形に対応した画像ナビゲーション下腹腔鏡下肝切除術』

○ミニシンポジウム

大腸癌多発性肝転移の治療方針

・雨宮 隆介 『大腸癌多発肝転移に対する外科的切除の有用性と限界』

迷わない確実な膵吻合術を目指して

・北郷 実 『当院における膵消化管吻合法』

○パネルディスカッション

Current status and controversy in liver transplantation

・日比 泰造 『肝細胞癌に対する生体肝移植 前治療の意義およびミラノ基準拡大の妥当性』

良悪性乳頭部病変に対する治療の実際

・下田 啓文 『十二指腸乳頭部腫瘍に対する治療法』

○ミニパネルディスカッション

膵嚢胞性疾患の治療方針

・三島 江平 『分枝型IPMNの手術適応判断における壁在結節と嚢胞径の有用性について』

○ワークショップ

肝内胆管癌の治療方針

・藤田 優裕 『肝内胆管癌におけるリンパ節転移様式と郭清の意義』

○ミニワークショップ

肝臓外科のドレーンの管理

・皆川 卓也 『肝切除後ドレーン留意の是非と術後胆汁漏のリスク評価』

遠位膵切除の術式と成績2

・今井 俊一 『膵体尾部癌に対する尾側膵切除の治療成績』

○要望演題(口演)

腹腔鏡下肝切除術-普及に向けた適応と安全な手術手技2

・篠田 昌宏 『当科における生体肝移植ドナー手術への腹腔鏡手術の導入状況』

肝胆膵外科領域における基礎研究―臨床応用に向けて1

・八木 洋 『移植可能再生臓器の作製と適正な大動物モデルの作出』

肝膵同時切除術の適応と成績

・猪股研太『進行胆道癌に対する肝膵同時切除の適応と治療成績』

○インターナショナルポスター

IPS・肝臓1

・板野 理
『コンピューター画像支援によるLaparoscopic Liver Parenchymal Sparing Anatomical Resection』

○ポスター

膵臓・膵癌2

・溝田 高聖 『Borderline resectable膵癌の治療戦略』

胆道・悪性腫瘍2

・小島 正之 『術前診断に難渋し、病理学的にも非常にまれな所見を呈した若年者肝内胆管癌の1例』

膵臓・膵癌6

・東 尚伸 『術前補助化学放射線療法により組織学的寛解が得られた膵体部癌の1例』

栄養2

・高木 知聡 『膵頭十二指腸切除術前栄養介入の有用性に関する検討』

肝臓・肝予備能評価2

・石井 政嗣 『肝切除症例における肝予備能評価としての術前肝線維化の検査の有用性』

○座長

・篠田 昌宏 肝臓・肝移植2

・阿部 雄太 肝臓・肝細胞癌4

・日比 泰造 肝臓・良性腫瘍3

○公聴会

・阿部 雄太 『手術難度評価表完成までのビデオレビュー(Pretrial)』

・日比 泰造 『VideoによるCentral Review』



第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会(JHBPS2015)ホームページはこちら

ページトップへ