お知らせ NEWS

第77回日本臨床外科学会 発表報告

2015/11/26-28
福岡国際会議場他

去る11月26日(木)~28日(土)福岡にて、第77回日本臨床外科学会が開催されました。
当班からは肝胆膵・移植領域を中心に11演題を発表しました。



○ビデオシンポジウム

<肝臓疾患に対する内視鏡外科手術手技>
・板野 理
『コンピューター画像支援によるLaparoscoic Parenchymal-Sparing Anatomical Liver Resection』

○ビデオワークショップ

<内視鏡外科手術と器具の工夫(肝、胆、膵、脾)>
・阿部 雄太
『術中エコーをフル活用する!腹腔鏡下肝切除におけるVR画像と術中エコーの上手な使い方』

○パネルディスカッション

<臓器移植の発展と解決すべき問題点>
・日比 泰造『日本における脳死臓器摘出の課題:今後の発展に向けて』

○座長

・板野 理 『内視鏡外科手技と器具の工夫(肝、胆、膵、脾、食道、胃、その他)』

○主題関連演題

<臓器移植の発展と解決すべき問題点>
・篠田 昌宏『当科における抗体関連拒絶反応の経験と問題点』

<合併症ゼロを目指した再建、吻合手術手技(胆道、膵臓)2>
・北郷 実 『我々の定型化した膵空腸吻合術の工夫と内視鏡による吻合部の観察』

<肝癌に対する各種治療法の取り組み>
・皆川 卓也『再発肝細胞癌治療:局所両方後再発に対する至敵治療としての腹腔鏡下肝切除』

<膵IPMNの手術適応と術式2>
・三島 江平『分枝型IPMNの手術適応基準の検討』

○一般演題

肝臓3
・石井 政嗣『肝細胞癌の腫瘍マーカー上昇の数と切除後予後の相関』

膵臓:悪性疾患3
・今井 俊一『膵癌切除例における術前PET-CTの意義』

○ポスター

<膵臓:良性疾患2>
・下田 啓文
『膵癌との鑑別に苦慮した腫瘤形成性自己免疫性膵炎の一例』

<膵臓:悪性疾患(化学療法なし)1>
・溝田 高聖
『食道癌術後に発見された膵頭部・尾部IPMCに対して右胃(大綱)動静脈温存幽門輪温存膵頭十二指腸切除・膵尾部切除を施行した一例』



第77回日本臨床外科学会 ホームページはこちら

ページトップへ