お知らせ NEWS

第36回日本肝移植研究会 発表報告

2018/5/25-26
伊藤国際学術研究センター
(東京大学本郷キャンパス内)

去る5月25日(金)~26日(土)第36回日本肝移植研究会が開催されました。
当班からは9演題を発表しました。



○ランチョンセミナー

・篠田 昌宏
『当施設における門脈血栓症症例に対する肝移植』

○シンポジウム

・八木 洋
『生体肝移植におけるグリソン一括確保を先行させたドナー手術』

○ワークショップ

・阿部 雄太
『当施設の生体・脳死肝移植レシピエントの既往・併存癌に関する検討』

・伊吹 省
『成人血液型不適合生体肝移植術後の長期合併症および術後発癌』

○パネルディスカッション

・竹村 裕介
『当施設における脳死肝移植受諾・辞退例の検討』

・大島 剛
『当施設における生体肝移植ドナー実績から考えるドナー選択基準』

○口演

・北郷 実
『生体肝移植術後の水分管理におけるトルバプタンの安全性と有効性の検討』

・蛭川 和也
『生体肝移植における抗HLA抗体強陽性の臨床的意義の検討』

・横瀬 崇寛
『大腸穿孔をきたした生体肝移植後難治性サイトメガロウイルス腸炎の一例』



第36回日本肝移植研究会 ホームページはこちら

ページトップへ