お知らせ NEWS

第73回日本消化器外科学会総会 発表報告

2018/7/11-13
城山ホテル鹿児島・鹿児島県民交流センター

7月11日(水)~13日(金)第73回日本消化器外科学会総会が開催されました。
当班からは14演題を発表しました。



○ビデオシンポジウム

・阿部 雄太
『Radical resection for Perihilar-cholangiocarcinoma with vas-cular reconstruction: Tips and Pitfall』

・大島 剛
『腹腔鏡下肝葉切除の定型化- 理想的な肝切離面を目指して』

○ワークショップ

・北郷 実
『浸潤性膵管癌切除症例に対する門注療法・S-1 を用いた術後補助化学療法多施設共同試験』

○ビデオ

・伊吹 省
『S8 領域におけるVein guide 腹腔鏡下肝切除と解剖学的検討』

・竹村 裕介
『S7/8 を含む腹腔鏡下肝切除における視野確保困難と手術困難度との関連,
 および視野に関わる因子の検討』

○口 演

・益田 悠貴
『生体肝移植ドナーの胆管合併症』

・遠藤 泰
『術前化学放射線治療症例における
 治療後アルブミン,CA19-9,Neutrophil to lymphocyte ratio の有用性』

・蛭川 和也
『生体肝移植術後の水分管理に対するトルバプタンの有効性』

・横瀬 崇寛
『血清KRAS 遺伝子変異と血清CA19-9 による膵癌の予後予測因子の検討』

○ポスター

・篠田 昌宏
『急性肝不全治療を目指した有孔PMMA 繊維を用いた効果的HMGB1 吸着カラムの開発』

・八木 洋
『生体肝移植ドナー手術のピットフォール
 :安全な肝切除と胆管合併症軽減を目指した肝外グリソン一括確保』

・中野 容
『当院で経験した膵腺房細胞癌の3 症例の検討』

・東 尚伸
『75歳以上の高齢患者に対して高難度肝胆膵手術を施行した際の術後合併症の予測因子』



第73回日本消化器外科学会総会 ホームページはこちら

ページトップへ