お知らせ NEWS

Japan Digestive Disease Week 2018 発表報告

2018/11/1-4
神戸コンベンションセンター

11月1日(木)~4日(日)Japan Digestive Disease Week 2018が開催されました。
当班からは8演題を発表しました。



○ワークショップ

・篠田 昌宏
『当施設の脳死肝移植登録・待機における体制と工夫』

・北郷 実
『膵神経内分泌腫瘍の悪性度診断へのFDG-PET/CTとMRI-DWIの有用性』

○ポスター

・八木 洋
『肝切除後の構造・機能再生を実現する生体由来足場素材の開発』

・大島 剛
『当施設における生体肝移植のドナー選択基準の検討』

・益田 悠貴
『膵頭十二指腸切除術前栄養介入の有用性に関する検討』

・竹村 裕介
『当施設における急性肝不全移植目的紹介例の解析』

・遠藤 泰
『当院における腹腔動脈合併尾側膵切除の治療成績』

・横瀬 崇寛
『脳死肝移植後に移片対宿主病(GVHD)を発症しJAKI/II阻害薬で救命し得た1例』



Japan Digestive Disease Week 2018 ホームページはこちら

ページトップへ