お知らせ NEWS

第57回日本癌治療学会学術集会 発表報告

2019/10/24-26
福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡

10月24日(木)から26日(土)第57回日本癌治療学会学術集会 が開催されました。
当班からは8演題を発表しました。



○シンポジウム

・北郷 実
『膵癌術後の予後予測因子としてのバイオマーカー探索』

○口 演

・八木 洋
『肝細胞癌に対する移植前局所治療の有用性の検討』

・竹村 裕介
『局所進行胆道癌に対するS-1/CDDP併用術前化学放射線療法(単施設PhaseⅠ/Ⅱ試験)』

・横瀬 崇寛
『膵癌に対する術前治療効果判定におけるPET/CTの有用性の検討』

・阿部 紘大
『当院における膵管内乳頭粘液性腫瘍に対する膵切除断端迅速病理診断に関する検討』

○ポスター

・堀 周太郎
『膵管内乳頭粘液腫瘍(IPMN)における組織亜型と膵切離断端所見の関連』

・遠藤 泰
『膵癌術前治療における血清アルブミン、CA19-9の有用性』

・林 航輝
『80歳以上の高齢者に対する高難度肝胆膵外科手術における周術期合併症リスク因子の検討』



第57回 日本癌治療学会学術集会 ホームページはこちら

ページトップへ