われわれの強みとは?

慶應義塾大学病院 一般・消化器外科では、肝胆臓領域のあらゆる疾患に個々の病態に応じた最適の治療方法で臨む『全方位戦略』を診療の根幹としています。

肝細胞がんに対しては、世界的に急速に広がりつつある腹腔鏡下手術を原則とし肝切除を中心に行っております。
肝機能不良例では肝移植、また患者さんへの負担の少ない治療としてラジオ波焼灼に加えて凍結融解療法(クライオアブレーション)を取り入れ、個々の腫瘍の局在や肝予備能に応じた治療と到達方法(全身麻酔下で開腹・腹腔鏡下手術、あるいは局麻下で経皮的な治療)を用いる"Best Modality & Best Approach"を信条としております。
肝内多発病変や他臓器転移を有する進行した症例には、総合病院としての強みを生かし、診療科を超え消化器内科の肝臓グループ及び放射線科と合同でカンファレンスを開催し、経カテーテル化学肝動脈塞栓療法や肝動注化学療法、ソラフェニブを用いた全身化学療法などの適応等、治療方針に関する協議を重ねています。


胆道がんや膵がんに関しても、消化器内科の胆膵グループ及び放射線科と共にカンファレンスを行い、当院で一貫した治療を患者さんへご提供できるよう体制を整えております。


肝門部胆管がんに対しては、まだ限られた施設でのみ行われている術前化学放射線療法を組み合わせているほか、血管合併切除も積極的に行い治癒切除率を高める試みを行っております。 胆嚢がんは、現在では開腹手術が標準とされていますが、当院では世界に先駆け、早期から進行胆嚢がんまで、安全性と根治性を損なうことなく腹腔鏡下手術の適応を広げております。 ファーター乳頭部がんでも、早期の症例については積極的に縮小手術に取り組んでいます。 胆道がんでは、術後補助化学療法が未だ確立されていませんが、症例に応じて行っています。


通常型膵がんに対しては、現在術前化学放射線療法の有用性が世界各国で議論されていますが、当院ではいち早く導入し、さらに慶應独自の術後門注補助化学療法を加えることで、目覚ましく予後が改善しつつあります。
膵臓の良悪性境界腫瘍(神経内分泌腫瘍や膵嚢胞性疾患など)に対しては、基本的に腹腔鏡下手術を行って機能温存を図っております。


肝胆膵領域の手術は、解剖学的に複雑で極めて高度な技術が必要とされます。なおかつ、この領域の悪性腫瘍は予後不良であることが多く「難治癌」に分類されます。我々は"Navigation Surgery"の導入により、安全性をさらに高めていることに加え、従来であれば切除困難と考えられる症例に対しても、症例に応じて拡大手術を行い、切除率をできる限り向上させることで治癒可能性の限界に挑んでいます。
また、外科・内科・放射線科に加え病理学教室の肝胆膵グループと共に肝胆膵合同カンファレンスを開催し、診断・治療に難渋した症例を詳しく検討して肝胆膵領域の診療体系全体の水準の向上を図っております。


患者さんの個々の症例について、診療科を越えて肝胆膵疾患の専門家が集まり協議し、低侵襲手術から移植を含む拡大手術までのあらゆる外科的治療を全方位的にご提供できることが我々の最大の強みと考えております。
お困りの事がございましたら、お気軽にご相談ください。

ページトップへ