メディア紹介 2020.10
『Newton別冊 最新ES細胞 iPS細胞』
八木洋医師の研究が紹介されました


八木洋医師は、ヒトの臓器の中でもきわめて多様で重要な機能を担う肝臓を、iPS細胞などを用いて再生する研究を行っております。このたび、本研究の概要が『Newton 別冊「最新ES細胞 iPS細胞」再生医療、創薬、病気の解明……、新たな可能性にせまる』において紹介されました。

本誌には他にも、ES細胞、iPS細胞に関する最前線の研究が掲載されています。ぜひご一読ください。

■詳しくは以下をご覧ください。※外部リンク

◇『Newton』ホームページ
Newton別冊「最新ES細胞 iPS細胞」2020.11.5 発行
再生医療,創薬,病気の解明……、
新たな可能性にせまる