活動報告 2022.7
第8回東京肝硬変・肝不全研究会


2022年 7月 9日(土)『第8回東京肝硬変・肝不全研究会』をオンライン開催しました。

本学外からとして、基調講演では、聖マリアンナ医科大学 消化器・肝臓内科 准教授 渡邊 綱正 先生に座長の労をいただきました。また特別講演では、久留米大学医学部 内科学講座消化器内科部門 主任教授 川口 巧 先生より「肝硬変ガイドラインAnnual Review:サルコペニアとBCAA・運動療法」と題して、ご講演いただきました。

基調講演では、当班の長谷川 康 医師からも「肝硬変・肝不全患者の転帰と肝移植の実際」と題して、お話させていただきました。


活動報告|第8回東京肝硬変・肝不全研究会(2022.7.9)

プログラム

1.基調講演
[座 長]渡邊 綱正 先生(聖マリアンナ医科大学 消化器・肝臓内科 准教授)

講演①『急性肝不全における自己免疫性:我々の経験と今後の課題』
慶應義塾大学医学部 内科学 専任講師
褚 柏松 先生

講演②『肝硬変・肝不全患者の転帰と肝移植の実際』
慶應義塾大学医学部 外科学(一般・消化器)専任講師
長谷川 康 先生

2.特別講演
[座 長]中本 伸宏 先生(慶應義塾大学医学部 内科学 准教授)
『肝硬変ガイドラインAnnual Review-サルコペニアとBCAA・運動療法』
久留米大学医学部 内科学講座消化器内科部門 主任教授
川口 巧 先生