臓器移植

肝臓がん(肝細胞がん)

「肝臓がん、本当にベストの治療法を受けられていますか?」

肝臓がんは再発を起こしやすいがんのひとつです。かかりつけの病院で一度外科的治療を受けた患者様は外科の先生の外来を通い続けることになるため、その後の治療も外科的治療にこだわってしまう傾向にあります。しかし肝臓がんは後述するように、実にさまざまな治療法が開発されており、患者様の状態によって適切な治療法が異なっています。

一方、私たちのチームの最大の特徴は、患者様の治療を検討する際に毎回多くの専門科の医師たち(肝胆膵内科、放射線科、腫瘍内科など)と十分な話し合いを行っていることにあります。これにより、患者様にとってそのときそのときの最適な治療を改めて模索していくことができるため、肝臓がんにとって真にベストの治療選択をしていくことが可能となっているのです。
→「肝がんクラスター」について


1.そもそも肝臓がん(肝細胞がん)とはなんですか?

肝臓がんとは、肝臓にできるがんのことを言いますが、これは肝臓そのものからできてくる原発性肝がんと、他の臓器(胃や大腸など)から肝臓に転移してきた転移性肝がんに大きく分けられます。
さらに、原発性肝がんはその由来する細胞によって、肝細胞がん、胆管細胞がん、その他のものに分けることができますが、これらのなかで肝細胞がんの占める割合が95%と最も多いため、一般的に肝臓がんというと肝細胞がんのことを指します。


2.どのような検査をするのでしょうか?

3.肝細胞がんと診断されたら?

4.肝細胞がんの治療は具体的にはどうするのでしょうか?

1. 肝切除

2. アブレーション(Ablation)

3. 肝動脈塞栓療法(TAE)

4. 全身化学療法

5. 肝移植

5.手術の治療成績について

6.まとめ



●○メディア紹介○●


板野 理 医師より、肝臓がん・肝移植についてご紹介しています。


・記事1:肝臓がんの治療-肝臓がんの性格に合わせた治療の重要性

・記事2:肝細胞がんとは-集学的治療と診療科間の連携

・記事3:肝臓にがんを残さないために-肝細胞がんの局所治療(1)

・記事4:肝移植や放射線治療が適応となる場合とは

・記事5:カテーテル治療とは-肝細胞がんの局所治療(2)

・記事6:肝胆膵領域の腹腔鏡手術の課題と打開策

・記事7:領域横断的内視鏡手術エキスパート育成プログラムとは-肝臓がん外科治療の最前線(1)

・記事8:術前画像シミュレーションの進化-肝臓がん外科治療の最前線(2)

※ 医療情報サイト『MedicalNote(メディカルノート)』インタビュー記事(2015年12月掲載)へのリンクです。



ページトップへ